雨量の太陽光に訪れたあなたは、おばをビビらせた

我らが高校生の夏休みのことです。お盆だったので、おばあちゃんの我家に皆たかることになりました。
その日は、我らといった弟といった女子の弟ですおじというおば、その児童であー君3才ってみーちゃん2才が来ていました。
私たちの女子や他のいとこたちはあしたに来るターゲットでした。
サパーを終えた間から土砂降りが降ってきました。おばあちゃんっておじは、側のもうひとりのおじの我家へ。弟は横の客間でアニメを読みだしました。おばはみーちゃんとお風呂に入ることになりました。あー君3才はあとで入ると言ったので、我々はあー君といった遊んでいました。
すると、ドタバタっと恐ろしい足音がする。
振り返ると、スリップ身だしなみのおばが慌てた恰好で立ってある。
「どうしたの?」
「あわわわわ・・・」
おばは慌てているせいで、出身の大阪弁で話しています。東京生育の我々は聞き取ることさえ出来ませんでした。
「え?」
「お風呂場にあわわわ・・・」
「お風呂場?」
「あわわわ、お風呂場におけるから」
「なに?だれ?」
「弟君は貰える?」
そんな間抜けな表現をスリップ身だしなみのままで繰り返す内、些か。
ようやく、「お風呂場になんているから、怖くて入れない。弟君は取り除けるかしら?あんな衣装だから、弟君を呼んでほしい。」といういよいよわかりました。
「お風呂場に何が要るって?」
「カエル!」
「我ら採れる!」と言ってお風呂場に向かいました。
そこには何ら忘れられた、みーちゃんがいました。
おばをそこまで、ビビらせたカエルは・・・
アマガエルでした!
難なく我らに捕まえられたアマガエル。我々は東京生育と言っても、東京の一部で育ったので、虫もカエルも平気です。
同様において来た、あー君が「カエルほしい」と言っています。
横から戻って来たおばあちゃんに「カエル入れたいんだけど、虫かごといったかない?」と聞くと
タッパーが出てきました。
タッパーに入れられたカエルをあー君ってみーちゃんは、絶えず見てある。
奥様はびっくりして、スリップ身だしなみで逃げてきたのに、児童は安泰でした。
子供たちは建物までカエルを持って帰ったそうです。肌荒れと女性ホルモンの関係を知っている?詳しくはこちあr