私が一括と向き合うきっかけになった恩人Aちゃん

突然ですが、わたくしは重症判明の持病を患ってある。
18生まれの時に、病状が判明しもう18ユニット眼になります。
私の病状は「全身性エリテマトーデス」はで、男女割合を見ると、女性が数多く発症しているようです。
支障も千差万別で、同じ病状のメンバーズオンリー同士でも、事象の態勢や処方される薬が全く違う実り、お医者様に的確な判断が求められる病状です。
わたくしが知り合った、恩人のAちゃんは同じ病状にあたって、分娩をきっかけに病状が再燃してしまった女の子でした。
わたくしは当時、お医者さんの言うことを守り抜き、やりたい事もろくに出来ず、日々30錠以上の薬を飲み続け、精神的にも参っていました。
利便の役回り講習暮しだったわたくしは、胃痛をハートにしつつも、講習に通っていました。
それが持病の再燃のシグナルは、思わずに普段を過ごしていましたが、とある夕刻、突然の辛い吐き気に襲われ、製法されていた液状の胃薬も戻してしまい、吐き気は朝方になっても収まらず、止め、味方からは血の気が引き、病舎に担ぎ込まれました。
担ぎ込まれてからぶらりと、持病の再燃だと知り、即脈搏療法という短期で大量の薬を体内に入れるという診療がされました。
お陰で支障はいきなり安定したものの、対応で毛髪は抜け、スキンはお婆さんのようにシワシワになり、ちっちゃなけがで化膿したり、毛細血管が切れ痣になったりしていました。
「なんでわたくしが…」といった日々考え、診療を拒もうとしていた流れ、Aちゃんって突き当たりました。
出会ったのは、病舎の入浴地位でAちゃんから声を掛けて下さいました。
最初は、「診療は拒絶よね」とか、「対応拒絶よね」など、他愛も薄い音でしたが、その時にAちゃんの乳幼児の折衝になりました。
当時3生まれだった小児ちゃんなのですが、いつも手ぬぐいをくわえて増える男子でした。
こうして、他愛も弱い音に、おざなりな返信しか返さないわたくしに、Aちゃんは「わたくしね、3生まれの小児がいるの。しょっちゅう手ぬぐいをくわえているんだけど、なぜか聞き取れる?」と聞いてきました。
わたくしは自分のことでいっぱいいっぱいになっていたので、「知りません」って顔つきも見ずに答えましたが、そんなわたくしに煌めくような手強い笑顔を見せて、「あのね、お母さん帰ってきてっていうのを我慢する為に、ちょいちょい手ぬぐいをくわえているんだよ。ですから、わたくしは携わるの」ってAちゃんは答えました。
その時の笑顔は、今でも忘れません。
目視ばかりが不幸な眼に遭ってある…と思い込んでいた私の眼を、Aちゃんの笑顔って踏ん張るのというアクセントが、吹き飛ばしてくれました。
あれから17ユニット経ちましたが、わたくしが持病に誤ることなく今も診療を続けていられるのは、あの流れAちゃんにお会いしていたからだ。
有難うだけでは、はなはだ足りませんが、一体全体Aちゃんにはサンキュー。集中力の高める為には、脳に良い食べ物をたくさんとるのが必要です。