福嶋第一原発のいまに思う。廃路は可能か。

春だというのに、不吉な著述をかくのは、恐縮だが、そなえあれば気がかりなしである。最近ではめったに伝言陥る意図のなくなった福嶋第一原子力発電ポイントの只今に対して従前久しぶりに検索してみた。心から、調査のために、投入したロボットがあまりの放射線量に悲劇をおこし、当初の予定のマネージメントをこなせなかったという。さしあたり、入庫箱メンタルの放射線量はしらべられたらしいがが、その結果は、悲惨としかいえない商品だった。人がマネージメントにあたった場合には、ほんの数分だったかで死亡するような線量だという。ロボットがマネージメントできず、人もマネージメントできなかったら何で、だれがマネージメントできるのか。物理学の基礎をまなんでいないと断じてぴんと欠けるかもしれないが、これは大変なことだ。何で大変かというと、ルーツ燃料というのは、冷やしていないと、調整不可能になって、爆発をおこす可能性があるからだ。廃路が仮にできないも始終ひやして生じる必要があるが、それが可能なのか。このままだと作業場も格納庫も階級が進むだろう。そのときなにが現れるのか。客では必死のマネージメントがつづけられ、インナーも意識をひねっているとは想うが、未知のレンジだ。調整NO火をてにいれてしまった人間の高姿勢がもたらした備えといえば、それまでとはいえ、結果はだれかがひきうけなければならない。またこの始末を見るにつけ、かんがえできるのは、ほかの原子力発電ポイントを稼動させて現によいのかようやっとのである。もはや、稼動をはじめた原子力発電所はあるが、見切り始動であったムードが拭えなくなってきた。放射能には、遺伝子を害する作用があるのが、おっかないところでもある。福嶋第一の先が、予想以上に深刻である全容を正面からふまえた、四苦八苦方針が、もとめられる。ブリアンについて嘘書いてないのはどのサイト?答えはコチラ