生後10か月の母が飼い犬に噛まれた場合について

報道で観たのですが都内八王子市のある家で生後依然として10か月の奥様が飼い犬に噛まれ死亡したという事で事件上になってしまい実情驚いていらっしゃる。
またここで飼われていた犬の犬基盤ですが何だったのかといった観てみるとゴールデンレトリバーという事でくれぐれもびっくりです。
ゴールデンと言うと温厚な魅力でやけに有益イメージがある犬だけにやはりお子さんに噛みつくなんて事はバーチャルもしていませんでした。
一生懸命ド―ベルマンやシェパードとかでしたらこんなレートは今までに報道になったりやり遂げるのをみかけたりする事はあったのであるのかなと思います。
ですがゴールデンはついに観ましたね、少々こんな事ってあるんだなと想うぐらいミステリアスでした。
ただこれだけ狂暴化やるはもしかすると犬にかなりのストレスがかかっていたのか、例えば散策にとっても連れて行ってないとかもしくは自分よくある事みたいですがベイビーに嫉妬等実際の理由は解りませんがそういった事が根源になった可能性も少なからずあるかもしれません。
でも本当飼い犬も安全出来ないなと言う事をこの報道を観て再び思いました。
犬も狂暴化してしまうと飼い犬もオーナーが止められない事もありますしこうなったところどうしていいのか解らなくなってしまうのかなと思います。
なのでぜひ小さなお子さんの前には近づけない事が極上いいのかなは思います。
おとなと違いお子さんは人体も少なく弱いですからね、でも今回は極めてクリティカルな結果になってしまい実情残念に思います。グリーンスムージーを毎日おいしく楽しむならネイチャーリズムの6種のフレーバー