様々な紐によるフリンジで作っるハンドメイドアクセサリー

先日、よく聞く名言になってきましたがハンドメイドアクセサリーを10次元ほど道楽で作ってある。
原因はアジアン代物屋くんに売っていた麻紐を購入し平編みという方法でブレスレットの処方を教わったのがスタートでした。
ある時、裏道の老舗の手芸屋くんのワゴン特売でカゴいっぱいに入ったシルクのミシン糸を発見した。大分可愛い色合いのミシン糸がたくさんあり値段も一環500円から100円になっていたので試しに購入しました。以前からサイトやお店でフリンジの望ましい飾りを見極める事があったので、この機会にと思いチャレンジしてみました。
細長い糸だったので何十に巻いても小ぶりなフリンジになってしまう申し込み、短めに切って小さなピアスにしました業者すばらしくでき、間近に大評判だったので気持ち良くなりその後、見つけることにはまってしまいました。
他にも刺繍糸を活かし単色や混合トーンなどでシンプルな品物からコットンパールやゴールドチャームなどを合わせて大ぶりのピアスを作ったりチェーンを繋げてネックレスを作ったりしています。
紐において意欲も変わるので、ちょっと厚みのある毛糸や使い古したTシャツでヤーンを形づくりことなるもとを合わせてフリンジを出し背面チャームなどにして、シンプルなバックにオリジナリティーを加えながら楽しんでいます。
これからもラフファッションで使用しているもとや使わなくなったものをアレンジして、個性的でオシャレなフリンジアクセサリーを作っていきたいです。歯科医師が厳選した成分を配合した口臭サプリ「息ピュア」って何?