意外にも最大の生まれはイタリアだったキウイくだものってどこから来たの?

今や、日本で「キウイくだもの」と言えばニュージーランド産の有名な「ゼスプリ・ゴールド・キウイフルーツ」です。「ゼスプリちゃん」という作風も存在し、ホームページ購入で「ゼスプリちゃん」のぬいぐるみを販売しているほどです。

但し、「キウイくだもの」と言えばニュージーランド産としていたら、実情最大ファブリックはイタリアでした。2傍が中国、3傍がニュージーランドです。

元々は中国が原産地でした。「マタタビ科マタタビ属」のつる性植物で、中国では漢方薬として利用されていました。より計画的な発育をすることもなくランク探査もしていませんでした。

1906ご時世に中国を訪れたニュージーランドそれぞれが「キウイくだもの」を持ち帰り、「チャイニーズ・グースベリー」として広まりました。 中国ではかねてからものが知られ利用していましたが、ランク改良されたのはニュージーランドに来てからでした。

それから50ご時世後の1956ご時世、ニュージーランドから米国へ輸出されましたが、朝鮮戦争の影響を受け、米ミドル由縁がそれほどものすごくなかった結実、「チャイニーズ・グースベリー」ではなく、ニュージーランドの国鳥「キウイバード」に因んで1959ご時世「キウイくだもの」に名を変更しました。「キウイくだもの」の語源は諸説あり、「国鳥は由縁が無い」という噂もあります。

日本には1960範疇にニュージーランドから輸入され、ミカンの変更作物としてミカンのファブリックを中心に盛んになりました。今では日本収穫が付け加え、生成過剰な傾向にある結実高品質な成果を編み出すなど、ランク改良して起こる地点もあります。息ピュアの電話番号教えて!ここのサイトが詳しく書いているよ