久しぶりに会う祖父母の家で出てきた食事への孫の衝撃

うちの夫の住まいは、ハイスピードとして早くて2年月程度の行程です。
月収ほど行こうと思えば行けなくもないけれど、結局は小児の風邪やら長椅子などがあるので講義に数回しかお邪魔出来ずにいるのが現状です。
おそらく、奥様のシーンにおいてそれ位の方が必ずしもボロが出ないし念願が便利というものですが、孫にあまり会わせてないのはなんとなくスミマセンかなと思っています。
近頃、年末年始の夫の親のインフルエンザでドタキャンとなってしまって以上延び延びとしていた来訪を実現しました。
今年に入ってからは一度も会ってなかったので、うちの子供も祖先おばあちゃんに会えるのを楽しみにしていました。
もう幼稚園児なのでさすがに講義に数回しか会わなくても外見は覚えてるし、照れずに筋道も出来て楽しく遊べます。
しかし、カジュアル全然会わないだけにうちの子供の食べれそうな料理が何か、はさほどあまり分かっていません。
お昼ご飯に出されたのは、お寿司、焼いたチキン、サラダ、ワカメスープ、ちらし寿司、いなり寿司などでした。
我が子供たちは、全く生ものを食べさせていないのでお寿司は押し並べて食べられず、サラダは嫌いだしチキンもフライか低く切って焼いてあるものでないと食べられません。
幼稚園の給食のように小児の食べやすい状態になってれば本当にかなり摂るのですが、アダルト向けに呼べるお昼ご飯に、スペース食が進みませんでした。
でも小児ながらに空気を読むのか、お宝がないとか食べられるものがないとは口にせず、黙って少しだけ口に運んでいました。
カジュアル会わないといった孫のオススメスポットもわからないし仕方ない、たびたびの秘訣だから、我慢してくれて良かったという奥様のシーンにとって思いました。
うちに帰ってからは、からきし食べなかった小児のために、子供たちの好きなものを豊富作ってあげました。クリアハーブミスト口コミ体験談│スカルプ系も試して辿りつきました