カエル様には住み心地のいい部屋をあげてください

こどもは小学校1年生になったばかりの辺りです。四六時中望ましいらしく、その日にあった状況を話してもらえる。
「今日は、りな一概に遊んだの。」とか「すうじの勉強したよ。」とか。
ある時、「今回ね、まーくんがね、みか(こどもの見出し)にカエルくれたんだ。」
身はなぜ、カエルだったんだろうかと思いましたが、そこは突っ込まないことにしました。
「どこでつかまえたの?」
「校庭の葉っぱのところにいたんだって。」
「そう。」
「でね、みかのセミナーのテーブルの抜き取りに、カエルくんのおホールを作ってあげたんだ。」
「みか、テーブルの引き出しじゃ、カエルくんのおホールにならないよー。」
「なんで?」
「ふたがないと、にげちゃうでしょー。」
「どうして?」
「カエル飛べるでしょ?」
「そうかー。」
「ガイドブックが汚れちゃうよ。」
「ちがうもん。語勢鉛筆の上だもん。」
テーブルの抜き取りの語勢鉛筆の上って、住み心地が好ましくなさそうです。
「食品もないしなー。」
と言いましたが、こどもは承認がいってない様子です。
明日、セミナーから戻るといった
「カエルいなかった」
ってしょんぼりしていらっしゃる。前提でしょー。
「後、虫やカエル捕まえたら、医師に飼えるかお願いしたら?」と言いました。
医師に聞いたら、前日子供たちが帰った将来、教えを飛び跳ねておるカエルがいたらしいです。
カエルだとは思わなかったので、ゴキブリかと思って慌てたそうです。
小児の連想だから、距離が抜けていますが、あちこち微笑ましくて笑ってしまいました。レディホワイトっていう歯磨きジェル使ってみたいねっ